相互リンクの常識・非常識

アフィリエイトサイトについて

相互リンクってナゼするんでしょう?

相互リンクを行うのは、ほとんどの場合、自分のサイトを見てもらいたいからですよね。
せっかく作った自分のサイトを多くの人に見てもらいたい!!
これはサイト製作者なら誰もが思うことです。

見てもらえなければ、何かを販売することもアフィリエイトもできませんしね。

ここで、問題になってくるのが、この「アフィリエイト」です。


相互リンクのお願いが来たら、だいたいサイトを見に行きます。
ですが、見た途端に閉じたくなるような、アフィリエイトタグばかりのサイト・・・。
ものすごく多い例です。

誰が、こんなサイトと相互リンクしたくなるんでしょう(笑)

舐めてるんですかね(^^;


なぜ、名前さえ知らないアナタのアフィリエイトに協力しなければいけないんでしょう?
誰でもそう思いますよね?

相互リンクは思いやりです。
自分がされてイヤなことは、相手にもイヤなはずです。

相手を思いやれないようなサイト(人)とは、相互リンクしたくありません。


まあ、こういうアフィリエイトばかりのサイト(人)の場合、ほとんど稼げなくて、すぐに散っていく人の典型なんで、基本的に無視でOKです。


じゃあ、どうやって稼ぐんだよ!

っていう声が聞こえてきそうですが、ここでは言及しません。
よ~く考えながらいろいろなサイトを調べれば、そのうち分かってきます。


マレですが、アフィリエイトサイトの場合でも、なかには素晴らしいサイトもあります。
そういうサイトから相互リンクのお願いが来たりすると、結構勉強になったりしますので、逆に嬉しいです。

ですので、アフィリエイトサイトがすべて悪いわけではありません。
分かる人がタグを張ればよいのです。


初心者の方は、最初は何も分からないでしょうから、なるべくアフィリエイトタグは張らないほうが良いでしょう。

どうせ、張ったところで最初はアクセスなんて無いですし、相互リンクしてもらうにも悪影響です。


管理人takaの目で見ると、相互リンクのお願いが来た時に、まったくアフィリエイトタグがないサイトでも、このサイトは今後アフィリ満載のサイトになるだろう、ということがだいたい分かります。

これは、ある程度やっているから分かるのです。


私でも分かるということは、アナタが送ろうとしている相互リンク先のサイト管理人たちも、だいたい同じくらいのことは分かる、と思って間違いないでしょう。


どこかで書きましたが、「相互リンクをお願いしようとしているサイトの管理人は、アナタよりも必ず上級者だと思ってください」、と書いています。

上級者には、かならず真意は分かります(バレます^^;)。
サイト作りは、コンテンツが命です。
アフィリエイトタグだけでは、コンテンツではありません。
謙虚にサイトを作っていきましょう。

 
相互リンクの常識・非常識 TOPへ 相互リンクあれこれ アフィリエイトサイトについて