相互リンクの常識・非常識

中小検索エンジンへの登録

サイトが出来上がったら、手っ取り早くリンクをしてもらいたいと思うのが人情。。。
そこでこの中小の検索エンジンに登録していくわけですが、現在では効力がかなり薄いような気がします。

私もよくやりますし、肯定も否定もしないのですが、何のためにやるのかは知っておいたほうが良いと思います。

昔なら、いっぱい登録して被リンクを稼いで、グーグルやヤフーの検索順位アップに貢献していたわけですけど、最近では簡単にそうもいかなくなってきました。

なんと、インデックスから削除されている中小の検索エンジンも見かけるほどです。
まあ、削除されたサイトは、少しやりすぎたんでしょうけど。。。

ではメリットまったく無いのかというと、そうでもないと思います。

たいていの検索エンジンは、大手の検索エンジン(ヤフーやグーグル)にインデックスされています。
ということは、その中小の検索エンジンに登録しておくことで、自分のサイトも大手の検索エンジンにインデックスされるのが早くなるかもしれません。

誰でも最初に作ったサイトに、被リンクはありません。
相互リンクをお願いしても、掲載してくれるまで少し時間がかかる。
そういう時には、割とすぐに登録してくれる中小の検索エンジンに登録しておくのも良いと思います。

だって最初は何にも無いんですから、少しでもインデックスされやすい方法を選ぶのは有りかと思います。

ただし、そこからの直接のアクセスアップはあまり期待できないと思っておいたほうが無難です。
単にインデックスやクロールされやすくするため、と割り切ったほうが良いでしょう。
被リンクの質もそれほど良いものではないでしょうし。

よって、登録するのはサイトを作った当初だけです。
ある程度経てば、普通に同じようなテーマのサイトに相互リンクを申し込むのみで良いと思います。

私の場合は、だいたい40~50サイトくらい登録しています。
実際に登録されるのが、申し込んだ6~7割くらいですので、これくらいは必要かなぁ、
と思っています。
(昔効果があった頃は、1000サイトくらいの登録が必要と言われていたこともありますが、現在ではちょっと疑問視しています。)

サイト運営に慣れてきて、自分の管理サイトが増えてくれば、既存の自分のサイトから新たなサイトにリンクを貼ることで被リンクは稼げます。
しかも相互リンクではなくて、一方的な被リンクが得られるわけです。

もし、自分のサイトをたくさん持っていると、被リンクなんか簡単に手に入っちゃうわけですね(^^

何事も最初はしんどいと思いますが、こういう状態になるまでは、やっぱり地道な作業が必要になってくると思います。

・関連記事
⇒ 相互リンクの量(数)はどれくらい?

 
相互リンクの常識・非常識 TOPへ 相互リンクあれこれ 中小検索エンジンへの登録