相互リンクの常識・非常識

サイト説明文をよく読む

相互リンクをお願いする相手には、そのサイトの趣旨なり、相互リンクの際の記載の仕方なり、それなりの説明があることかと思います。

これ、結構読んでいない方が多いんですよね。
管理人takaのサイトでも、ちゃんと読まずにメールが送られてくることがよくあります。

それほど長い説明は書いていないにもかかわらず、ですよ!
ちなみにこのサイトはこの程度です。
     ⇒ 相互リンクとお問い合わせのページ

せめてこれくらいは読んで欲しいものですね。
別に特別難しいことを書いているつもりは無いですし、このサイト説明を読むだけでも、相互リンクに積極的なサイトなのか、そうでないサイトなのか、分かったりします。


もうね、、、最近は、送られてきた相互リンクメールだけで、ほとんど判断できるんです。
当然、メールでダメと判断したら、サイトなんか見に行くこともほとんどありません。

たま~に今後の勉強のために見に行きますけど、やっぱりダメダメなサイトだったりします(^_^;)

特に、関連性のあるサイトしか受け付けていないですよ~、と書いているサイトにも、まったく関連性がないサイトから相互リンクのお願いが来たりします。

もうア○か、と(≧o≦;)

日本語読めんのかいな(゚∇゚)


メール送るほうも、相互リンクをお願いしたサイトを管理する数が増えるだけで、手間ばかり掛かってメリット無いと思うんですよね。
管理せずに手当たり次第メールを送っているなら知りませんけど。。。

こういう相互リンクに条件があるサイトの場合は、メールを送ってもほとんどがムダになりますので、サイトのテーマが合っていない場合は、見送るのが無難だと思います。


相互リンク(サイト運営)にある程度慣れてくると、どんなサイトに送れば、相互リンクをOKしてもらえるのかだいたい分かってきます。

でも最初の頃は、なかなか分からないのが普通ですから、特に相手のサイト説明はよく読んで相互リンクメールを送ってみてください。

もう手当たり次第に相互リンクをお願いする時代は終わっていると、個人的には思いますので。
相手が勝手にリンクしたくなるような、素晴らしいサイト作りを目指しましょう。

 
相互リンクの常識・非常識 TOPへ 相互リンクメール サイト説明文をよく読む