相互リンクの常識・非常識

リンク集のページ数

リンクページの作成しているうちに、このリンク集ページを何ページか作ることになると思います。
説明しているように、相互リンクをお願いするサイトが多いほど、リンクページは多くなります。

サイトオーナーの方の中には、このリンクページを多く作りたがらない人がいるのも現実です。
単に面倒くさいからだと思いますが・・・・。

で、1ページにリンクを詰めまくる・・・

相互リンクメールを送っても反応が無い。。。

   そんなにリンク詰め込んでどうするのさ・・・。(3回目、もういぃってかw)


まあ、そういうことにならないように、リンクページは作れるだけ作りましょう。


ページを多く作るということは、サイトのボリュームアップにもつながります。
ひょっとしたら、リンクを掲載しているサイト名が、検索エンジンに引っかかるかもしれません。

最近では、このようなリンクページはコンテンツとみなさなくして、検索エンジンから弾こうとする風向きになってきていますが、今のところは問題ないように思われます。

これを弾かれると、リンク集サイトは全滅ということになってしまうので、多分まだまだ大丈夫なのではないでしょうか。

検索エンジンは日々進化しますので、もしそうなったら、それに合わせたサイト作りをすればいいだけの話ですから。


で、リンクページを作るわけですが、管理人takaがやっているのは、先に何ページか作ってしまうんです。

何も書いていなくてもいいんです。
タイトルだけ書いて、リンクページだけ先に作っておいて、トップページからリンクしておきます。

そうすることによって、リンク集が増えてきた時に、その何も書いていないページを使うことにより、検索エンジンへの反映が早くなります。

私のサイトにも結構あります。
ひとつも外部リンクを掲載していないページが、検索エンジンにキャッシュされていたりページランクだけ付いていたり。


そして、さらに相互リンクを増やしたいときに、この何も書いていないページランクのみ付いたページが武器になるのです。

もし、相互リンクメールを受け取ったときに、ページランクの付いたページに自分のサイトが掲載されていたら、うれしいと思いませんか?

私は結構うれしいです(^^


ページランクが付いているということは、グーグルにもキャッシュされているだろうし、こちらへのメリットがあることが、すぐに分かります。

たいていの場合、これは相互リンクOKです。


こういうふうに、後々のことも考えて、リンク集ページを作っていけば、あなたも立派なリンク集が出来ると思いますョ。

 
相互リンクの常識・非常識 TOPへ 相互リンクの基本 リンク集のページ数