相互リンクの常識・非常識

問い合わせページを作る

相互リンクを申し込む側からしてみれば、自分が申し込むだけだから、自分のサイトには特にリンク方法などのページは無くても良いのではないか?
と思われる方がいるかもしれません。

まあ、普通は作っておくと思いますが・・・。
 (このサイトはこんな感じ ⇒ 相互リンクとお問い合わせのページ

これを作っておかないと、このサイトは相互リンクを受け付ける意思がないと思われ、今後のサイト発展に期待できないと、相手のサイトに思われてしまうでしょう。

それでは相互リンクメールを送る意味がなくなってしまいます。
ちょっと面倒ですが、ぜひリンク方法などを示したページは作っておきましょう。

そして、そのページは分かりやすいところにリンクしておくべきです。
トップページなら、サイドメニューの下でもいいですし、上段にメニューがあるなら、一番右でも良いです。
2クリックも3クリックもしないと探せないようなところに置くのはやめましょう。

自分が逆の立場に立って考えれば、おのずと答えは見えてくると思います。


問い合わせページの内容としては、

「リンクしてほしいタイトル」(アンカーテキスト)
「ホームページアドレス」
「自サイトの説明文」

最低この3つがあればなんとかなります。

本当は、説明文などは相手のサイトに独自に書いてもらうほうが良いのですが、いちいちこちらのサイトを見てもらって考えてもらうのは、面倒くさいですよね。
そのため、事前にこちらで用意しておきます。

相手の掲載サイトの構成のことを考えて、文字数の違う説明文を2~3タイプ用意しておくと良いでしょう。
勝手に選んで掲載してくれます。

こちらへの連絡手段は、メールフォームを活用しましょう。
無料のフォームもたくさんあります。
いちいちメーラーから送ってもらうのも面倒ですし、サイトごとの管理もしやすくなります。

あと、バナーリンクをどうするか、ということですが、基本的にテキストリンクでリンクしてもらうように表記しておくと良いと思います。

私のサイトもバナーを置いていたり置いていなかったりいろいろですが、バナーを置いているサイトは、基本的にテキストリンクでリンクしてもらうように表記しています。

相手サイトの構成上、どうしてもバナーリンクが必要になる場合は、「alt属性」を必ず付けてもらうようにしています。

あと、よく「サーバーに負担がかかるので、バナーの直リンクは避けてください」とか、「バナーはお持ち帰りください」などの表記を見ますが、管理人takaは別に直リンクでもいいと思うんで、「なるべくならお持ち帰りください」っていう表記にしてます。

なぜかって??

バナーなんて所詮リンク集に掲載するだけでしょう。
素材配布サイトの素材や被リンクが多い検索エンジンサイトならまだしも、自分のサイトが掲載されたリンク集が、サーバーに負担がかかるほどアクセスなんかあるわけないし、サーバーに負担がかかるくらいのすごいサイトから、相互リンクの申し込みなんか来るわけないですしねっ!

 
相互リンクの常識・非常識 TOPへ 相互リンクの基本 問い合わせページを作る